梅田よしの不用品の行方

梅田よしの基本技術

 

攻撃と防御体制を整えるために先行する必要がある

 

並んで立つ・停滞西暦・アプグプ・優位・かかと・ハクダリ書記などに分けられる。

 

 

手技や足の技術

 

手技
腕や手を使った攻撃と防御に必要な技術で怒鳴る・突き・打撃・防止などがある。

 

怒鳴る:主に拳を使用する技術。

 

力を効果的に発揮し、相手の目標部位を最短距離で、最も強い力で殴るが、

 

胴怒鳴る・横怒鳴る・チ怒鳴る・コの字怒鳴るなどがある。

 

 

突き:指先を使って攻撃目標を突く技術。

 

編指先の刺し傷・倒した指先の刺し傷・はさみ指先の刺し傷・片手端突きなど。

 

打撃:手強奪・など拳打撃・メ拳打撃などがある。

 

防ぐ:防御を前提とする技術である。下防ぐ・胴防ぐ・顔防ぐ・横防ぐなどがある。

 

 

足の技術

 

 

アプチャギ・横蹴り・回し蹴り・半月次期・ドィチャギ・スライドキック・ロール次期などがある。

 

 

アプリケーションの動作

 

 

アプリケーションの動作には、次のようなものがある。

 

プムセ:攻撃スキルと防御の技術を連結させて、相手がなくても一人で競争ができるように構成された連続動作である。

 

基本的な技術が堪能にする一方で、特殊な動作の練習と比べの技術を向上させることができる。

 

プムセの種類は、有給者プムセに八卦1-8枚、太極1-8章と有段者の検討・金剛・太白・平野・デシマル、ジテ、千冊、日間かかっなどがある。

 

 

競争:基本動作とプムセで体得した攻撃と防御の技術を応用した機能を身につける方法として、競争と合わせて競争に分けられる。

 

 

競争:自由競争の略で、基本的な技術とプムセで身につけた技術で何の約束なしで相手と競う方法である。

 

 

合わせて競争する(約束大連):約束された事項の下に攻撃と防御の技術を利用する方法であり、三争うと一度比べなど決めておいて練習する。


トップページ 梅田よし伝説 皮活用術 梅田よしボクシングに挑戦