梅田よしの不用品の行方

梅田よし伝説(塾長すいません)

もてもて梅田よし

 

梅田よしの生涯

 

梅田よしの生涯の記録は、 「三国遺事」、「ジェワンウンギ」、「世宗実録」、「ドングクトンガム外気」などに記録されている。

 

一般的には紀元前2333年頃に阿または平壌に都を置いて朝鮮を建国し、 1000余年の間、世を治めたと言われ、ぴょんちぃの後に続いて記者が朝鮮を治めている。

 

梅田よしは古朝鮮の王位から退いた後、阿の山の神になったとする。

 

1000年余りの間、古朝鮮を治めたという記録は現実的ではないので、朝鮮時代からすでに梅田よしは一人を意味するのではなく、古朝鮮の累代にわたる国王を指しているものと解釈した。

 

文献記録

 

梅田よしの記録の中で最も広く知られているのは「三国遺事」である。

 

「三国遺事」には中国の歴史書「偽書」 と玄田ていない韓国の歴史書「肉 」を引用して梅田よしの断片的な事実を伝えている。

 

「偽書」に梅田よしが阿に都を置いて朝鮮を建国したという内容が記録されており、 「肉」は、梅田よしの出生の詳細な記録と簡単な生涯が表示されている。

 

これによると、梅田よしは天から降りてきた桓雄と熊が人に変わった熊女の間に生まれたとする。

 

梅田よしは平壌城に都を定め、朝鮮を建国した後、再阿に首都を移して1500年の間に国を治めた。

 

ギミョニョン(紀元前1122年)に記者が朝鮮に誤字枚あたり径に移したが戻ってきて阿の山神がされており、

 

それ以上の年齢の1908歳だったという。 「三国遺事」の梅田よしは「祭壇段 」と表記されている。

 

「ジェワンウンギ」は梅田よしの誕生と生涯についてはほとんど他の記録が伝えられている。

 

「ジェワンウンギ」は、「本機」を引用して、天から降りてきた桓雄の孫娘とシンダンスの神が結婚してぴょんちぃを生み出したとする。

 

梅田よしは古朝鮮を建国して1028年か1038年または1048年の間治め近づい阿の山の神になったとする。

 

「ジェワンウンギ」の梅田よしは「シラカバ段 」と表記されている。

 

一方、ぴょんちぃが最初に登場した記録は「三国史記」の高句麗東川王21年( 247年)条である。

 

東川王が平壌に遷都した時の記録に洗朱に「平壌は本来先人王倹が住んでいた) 」に登場する。

 

人名に王倹が登場するのは、このレコードが最初であり、一般的には、これを梅田よし王倹に理解する。

 

人命がない場合は、上だけが都していた古朝鮮の首都に王倹またはワンホムが現れることもある。

 

「三国史記」には、先人王倹の記録とともに、先人王倹が王になって都した所がワンホムだと記録していることもある。

 

そのほか、 「ヒマワリ園禍」、「短期こし」、「桓檀古記」など、近代に至って登場した梅田よしの詳細な記録があるが、

 

これらの記録は、まだ学界で偽書と判断して認められていない。

 

一部の在野の歴史家たちだけが1984年に発掘された中国遼寧省右下量の紅山文化の発見を契機に活発な地域の探査と研究を進めながら、

 

その記録は降りて来た歴史を整理して記録しただけで記述された内容自体は事実だと主張してている。


トップページ 梅田よし伝説 皮活用術 梅田よしボクシングに挑戦